楽器(ベース)

ギターやベースの演奏が手汗のせいで上手くいかない時の対処法

どうも、ともぞうです♪

あなたは今、「ギターやベースの演奏をしている時に、手汗がひどくて演奏が上手く行かない」と悩んでいませんか?

手汗が出て来るとネックや弦も滑りやすくなるので、演奏ミスが多くなりますし、ピック弾きの時などにはピックが滑って落ちてしまうなんて事もありますよね。

それに、弦の劣化が早かったりもしますし・・・

 

実は、僕もベースを弾くのですが、手汗がひどすぎて悩んでいた時期があります。

 

ただ、今では割と良い感じの対処法が見つかったので、それほど困ってはいません。

そこで、この記事では、ギターの演奏で手汗がひどい時の対処法についてお伝えして行きます。

この記事を読み、実践する事で、あなたも快適にギターを弾けるようになりますよ^^

 

ギターの演奏で手汗がひどい時の対処法1:ハンドタオルでこまめに手を拭く

僕が最初にやったのが、ハンドタオルでこまめに手を拭くという事でした。

非常にシンプルな方法ですよね。

これもまぁ、拭いた直後は良いんですが、またすぐに汗が出て来てしまうんですよね。

1曲の長さって平均3分くらいですが、1曲を弾き終わる前にまた手汗がジトーっと出て来てしまう感じです。

なので、個人練習の時には有効な手段ではありますが、ライブ中とかスタジオ練習の時とか、しばらく弾き続けないといけない状況の時にはあまり適さないですね。

ギターの演奏で手汗がひどい時の対処法2:ベビーパウダーを使う

ベビーパウダーを手にポンポンとなじませると、手が少しサラサラになります。

手も5分や10分くらいなら割とサラサラでいてくれるので、ハンドタオルで拭くよりは良いかなという感じです。

ただ、ベビーパウダーを使うと、手汗とはまた違った感じで手が滑ります。

もちろん、1フレット分滑ってしまうみたいに大きく滑る事はないですが、それでも微妙なピッチの違いが気になってしまったりもします。

なので、ハンドタオルで拭くだけよりはマシだけど、演奏的には微妙な所です。(やらないよりはマシかな?程度)

created by Rinker
和光堂
¥465
(2019/11/14 13:34:26時点 Amazon調べ-詳細)

ギターの演奏で手汗がひどい時の対処法3:手汗専用の制汗剤を使う

僕が今快適にベースを弾けているのは、制汗剤を使っているからです。

制汗剤にはマジで助かっています。

制汗剤と言っても、8×4(エイトフォー)的なやつではなくて、手汗専用の制汗剤です。

で、手汗専用の制汗剤も色々と試してはみたのですが、僕は「テサラン」という制汗剤が一番効果があると感じました。

テサラン公式ページはこちら

 

テサランを使う事で、1曲中ところか半日~1日程度は手汗を気にせず過ごせています。

ちなみに、季節や人によって、効果は違って来ると思います。

公式サイトにはテサランの効き目は72時間とありますが、僕の体感としては、手汗をかきやすい夏は半日~1日くらいかなという感じです。

あと、当然ですが冬場でも手を石鹸でバシャバシャと何度も洗えば効果は薄れます。

でも、テサランを塗るのと塗らないのでは雲泥の差が出るので、手汗で困っているのであれば一度試してみてはいかがでしょうか。

 

テサラン公式ページはこちら

 

手汗が止まれば、あなたのギターのプレイは確実に良くなる

テサランを使えば、手汗の悩みが消えますから、ギターやベースの演奏も今よりスムーズになります。

これは何も「汗で滑る」という物理的な話だけではありません。

手汗という悩みが一つ消えるので、メンタル面で非常にプラスに働きます。

楽器演奏ってメンタル面も非常に影響して来ますから、実はテサランを使って手汗の悩みを解決するだけで、演奏も上手くなります。

一度、騙されたと思って、試してみて下さい。

 

テサラン公式ページはこちら