雑学

ブックオフの値札の色の意味とは?

ブックオフに行き「これいくらだろう?」と思って値札を見ると「あれ?何か値札の淵に色が付いてる!!」って思った事ありませんか?

あれって良く見るとの4種類あるんですよね。

実はあの色分けにはちゃんとした意味があります。

あの色の意味、ちょっと気になりませんか?

気になりますよね?(強引)

という事でこの記事では、ブックオフの値札シールの色の意味をお伝えして行きます。

ブックオフの値札シールの色の意味

ブックオフの値札シールの色は、

  • 4~6月
  • 7~9月
  • 10~12月
  • 黒:1~3月

↑こんな感じで、季節ごとに分けられています。

ブックオフの値札シールはなぜ色分けされているのか

では、なぜブックオフは値札シールの色を季節ごとに変えているのでしょうか?

それは、いつごろ入荷されたものか分かるようにするためです。

言い換えると、値下げのタイミングを分かりやすくするためです。

ブックオフは値札の色で値下げの時期を見分けている

ブックオフは店舗にもよりますが、3~6ヵ月程度売れていない商品を一斉に値下げする傾向があります。

そして、その値下げをするための目安として値札の色を分けておくのです。

どういう事か。

例えば、今が4月だとしましょう。

4月というと、値札の色は緑です。

もし、赤の値札シールが貼ってある商品があったら「この商品は約3ヵ月~6ヵ月以上売れていない商品だ」という事がわかります。

ですから、赤い値札シールの付いた商品を値下げするという事ですね。

ブックオフ 値札シールの色の覚え方

別に覚える必要もないかも知れないのですが、ブックオフのシールの色を覚えるのには簡単な覚え方があります。

覚え方はそれぞれ下記の通りです。

ブックオフのシールの色 春 = 緑

4~6月。季節は春です。

春は冬が終わり、草や花が色を付け始める時期ですね。

なので、植物(緑)が元気に色付いているイメージすると覚えやすいです。

ブックオフのシールの色 夏 = 青

春が終わると夏がやって来ます。

夏は暑いので、涼しい印象を持つ青。

または海や夏の澄み渡った空のイメージの青とイメージすると覚えやすいですね。

 

ブックオフのシールの色 秋 = 赤

秋は、紅葉の季節です。

真っ赤な紅葉をイメージすると覚えやすいですね。

ブックオフのシールの色 冬 = 黒

冬は、草や花も色を無くしてモノクロの世界になります。

モノクロの黒とイメージすると覚えやすいですね。

 

ブックオフの値札シールの色まとめ

このページでは、ブックオフの値札のシールの色についてお伝えして来ました。

少しおさらいします。

 

ブックオフの値札のシールの色は季節ごとに分かれています。

どんな風に分かれているのかは下記の通り。

  • 4~6月
  • 7~9月
  • 10~12月
  • 黒:1~3月

では、なぜ色分けしているのかというと、棚に並べた時期を一目でわかるようにして

  • 値下げのタイミングを分かりやすくするため
  • 在庫管理をしやすくするため

という事でした。

ちなみに、ブックオフで本を安く仕入れて、Amazonで高く売ることで利益を得る「せどり」という副業をご存知でしょうか。

せどりは、最も稼ぎやすい副業と呼ばれていまして、最初の副業としてピッタリです。

お仕事の帰りやちょっとした隙間時間、お休みの日にブックオフに行き、お金を稼げるせどりという副業に興味があれば、「0からのせどり最強攻略法+情報発信マネタイズバイブル」という教材を読んでみてください。

せどりで数十万円稼ぐ方法がバッチリ学べます。