楽器(ベース)

ベース最初の1本を選ぶための考え方とは?

どうも、ともぞうです。

僕は現在、ベースの講師をしているのですが、その時に良く聞かれるのが、1本目のベースってどうやって選べば良いんですか?という事。

確かに、これからベースを始めるという場合には何が良いのか、悪いのか…全然わかりませんよね。

僕も最初は全くわかりませんでした。

と、言うことで、この記事ではベースをこれから始めようと思った時はじめの1本を選ぶための考え方をお伝えしていきます。

ちなみに、この記事では予算のことはとりあえず無視しています 笑

では、早速行ってみましょう。

 

ベースの入門セットを買ってみる

まず、最初は入門セットを買ってみるということです。

入門セットとは、こんなやーつの事。

 

「ベースをちょっと、弾いてみたいけど、もしかしたら続かないかも・・・」なんて思っているのであれば、まずは、入門セットを買うのが良いですね。

入門セットを買って飽きてしまった場合でも金銭的な損失も最小に抑えられますし、どハマりしたなら、次はお小遣いを貯めて少し良いベースを買えば良いわけですから。

僕も、最初は入門セットのベースを買いました。

その後、ベースを弾いている内にどハマりし、お小遣いを貯めてちょっと良いベースを買いました。

ベースの講師になった今でも、その時に買ったベースをずっと弾き続けています。

 

ちなみに、これがそのベース。

買った時は確か10万円以下だったのでお値段的にはそこまで高くないのですが、弾き込んでいる内に良いベースに育ってくれています。

入門セットを買うことのデメリットはあまり作りが良くないと言うところです。

造りが良くないと、どんなデメリットがあるのかというとチューニングが微妙に合わないとか、安定しないとかそんな感じです。

まぁ、楽器を1万とか2万で買おうと思えば当たり前なことですが、一応覚えて置いて頂ければと思いますけどね。

最初にお伝えしたように「ベースをちょっと、弾いてみたいけど、もしかしたら続かないかも・・・」と思っている場合に、とりあえず弾いてみる用の楽器として買うなら入門セットで十分です。

 

迷ったら、とりあえずFenderのジャズベースかプレシジョンベース

1本目としてFenderのジャズベースプレシジョンベースを選ぶのがもっとも無難と言えば無難です。

価格的にも5万円程度のものを買えば最初の1本としての役目を果たしてくれるでしょう。

なぜ、Fenderのジャズベースorプレシジョンベースなのかと言えば、それが定番中の定番だからです。

ジャズベースとプレシジョンベースの違い

ジャズベースとプレシジョンベースの違いはいくつかあるのですが、詳しくお伝えするとメチャクチャ長くなるので凄くザックリ説明すると形が違う!!ってことですかね(笑)

いや、それではあまりに大雑把過ぎるのでジャズベースとプレシジョンベースの違いについて軽く解説して見ます。

 

ジャズベース(ジャズベ)

先ほど紹介した僕のベースはFenderのジャズベースです。

ピックアップ(音を拾うマイク的な部分)が2つあって、つまみも3つあるのが特徴です。

3つのツマミはそれぞれ

  • リア(上の)ピックアップのボリューム
  • フロント(下の)ピックアップのボリューム
  • トーン(音の明るさを調整する)

の役割があります。

プレシジョンベースに比べ、ネック(竿の部分)が細いので、手が小さい方にでも弾きやすいのもジャズベースの一つの特徴です。

ジャズベースの音の特徴を一言でまとめると「優等生」って感じです。

どんな曲にでも合わせられるオールマイティーなベースがジャズベースです。

 

プレシジョンベース(プレベ)

一方、プレシジョンベース(プレベ)はこんな形をしています。

 

ピックアップが1つ(2つに見えますが、繋がっています)。

ツマミもシンプルに2つです。(ボリューム、トーンの2つ)

ジャズベースよりもネックが若干太いですが手が極端に小さいとかで無ければ問題なく弾けます。

音の話をするとジャズベースに比べ、どこか不良っぽい感じがあります。

 

結局、どちらを選べば良いの?

ジャズベとプレベの違いについて軽く解説して来ましたが、ザックリ言うと

  • ワイルドにガシガシ弾きたいならプレベを!!
  • 自分がどんな音楽をやりたいかまだ分からないとか、色々なジャンルの曲をやってみたいぜ!って思っているのであればジャズベを

それぞれ選ぶと良いですね。

 

見た目で選ぶ

ぶっちゃけて良いですか?w

僕がオススメなのは、見た目で選ぶって事ですよね(笑)

今まで散々、「初心者入門セットを買おう!」「Fenderのジャズベかプレベを買おう!」など色々と言って来ましたが、ぶっちゃけ最初の1本目は見た目で選んでしまって良いと思っています。

だって、その方が楽しいじゃないですか。

それが例え、超弾きにくいアーティストモデルとかでもビビッと来たなら迷わずそのベースを選びましょう。

それを弾いている内に、ベースの事がわかって来て「もっとこういう音が出るのが欲しい」
と思ったらその時にまた別のベースを1本買えば良いんです。

まずは、最初の1本を見た目の好きで選んでベースを弾くことや眺める事を楽しみましょう。

音がどうのこうの…という話は後で良いです。

とにかく、自分とフィーリングが合いそうなベースを見つけて買ってみるというのが一番後悔しないベースの買い方です。

 

ベース最初1本を選ぶための考え方まとめ

色々と講釈を垂れて来ましたが、結論としては、見た目で気に入ったベースやフィーリングがあったベースを選ぶのが最初の1本目を買う時のポイントだと思っています。

ベースの講師のクセにそんな事言って良いの?って思われそうですがw

ベースを買う時のワクワク感やドキドキ感をまずは大事にしましょう。