心理学

ツァイガルニック効果とは?ビジネスで使う方法もお伝えします

 

 

ツァイガルニック効果とは

ツァイガルニック効果とは、完成されたモノよりも未完成のものに興味がわくという効果のことです。

 

ツァイガルニック効果の具体例

テレビなどを見ていて「続きはwebで」「続きはCMの後!」「この後衝撃の展開が!」なんて言われると非常に続きが気になってしまいませんか?

これは番組制作側が意図的に未完成の状態を作り、番組への関心を高める工夫をしています。

また、ドラマでも放送時間終了間際になると、急に新展開を匂わせる感じになることがあるじゃないですか。

すると「うぉー!続きがメッチャ気になるー!」ってなります。

これもまさにツァイガルニック効果ですね。

ツァイガルニック効果を仕事に応用する方法

ツァイガルニック効果をビジネスで使う方法としては、

  1. ノウハウの一部を無料で公開、その先は有料にする
  2. 「続きは明日のメルマガで」と伝える
  3. キリの悪い所で仕事を切り上げる(または休憩する)

 

ノウハウの一部を無料で公開、その先は有料にする

ノウハウの最初のいくつかを公開し、残りのノウハウは有料で公開するという方法が非常に有効です。

例えば、「あなたが可愛い女の子にモテモテになる方法10選!」などというテーマで教材やnoteを売ろうとするなら、最初の3つくらいを無料で公開して、残りの7つは有料にするなどです。

この時重要なのが、最初の3つに渾身のネタを持って来ることです。

最初の3つの内容がイマイチだと、わざわざお金を出してまで残りの7つを知りたいとは思えません。

なので、最初の3つは特に力を入れて、いかに素晴らしい知識なのか、いかにすぐに効果が出るのかを伝える努力をしましょう。

もちろん、残りの7つも全力で伝えるべきですが、最初の3つで興味を引き、続きも気になると思っていただいたところで「続きは有料です」と課金誘導するという感じですね。

 

「続きは明日のメルマガで」と伝える

また、メルマガなどでもツァイガルニック効果は使えます。

例えば、伝えたいノウハウの概要をお伝えした後「今日は少し長くなってしまったので、続きは明日のメルマガで」という感じで少し引っ張ります。

もちろん、これもノウハウの概要を上手く興味を持ってもらえるように書く必要があります。

逆にいえば、ノウハウの概要を上手く書くことで「早く続きが読みたい」と思って貰えるので効果的です。

キリの悪い所で仕事を切り上げる(または休憩する)

キリの悪い所で仕事を切り上げる(または休憩する)とツァイガルニック効果が働き、スムーズに仕事に戻ることができます。

仕事ってキリの良い所で辞める人が多いですが、実は中途半端な所で辞めた方が良いのです。

例えば、

ツァイガルニック効果とは、完成されたモノよりも未完成のものに興味がわくという効果のことです。

という文章をブログに書くとしたら

ツァイガルニック効果とは、完成されたモ

で辞めてしまうということ 笑

こうすると、ツァイガルニック効果が働き、次の日の仕事が早くやりたくなるし、どこから始めるかが明確なのでスムーズに始めることができます。

休憩を取るときも中途半端なところで止めた方がツァイガルニック効果が働いて、サッと仕事に戻ることができるのでおすすめです。

 

ツァイガルニック効果まとめ

ツァイガルニック効果とは、完成されたモノよりも未完成のものに興味がわくという効果のことでしたね。

具体的な例でいうと

  • クイズ番組などの「正解はCMのあとで!」
  • テレビCMの「続きはWEBで!」
  • ドラマの「次週、衝撃の展開が!」

などですね。

ツァイガルニック効果を上手く活用する方法としては、

  • ノウハウの一部を無料で公開、その先は有料にする
  • 「続きは明日のメルマガで」と伝える
  • キリの悪い所で仕事を切り上げる(または休憩する)

などが有効です。