心理学

ザイアンスの法則(単純接触効果)とは?マーケティングに活かす方法も解説

ザイアンスの法則をご存知でしょうか?

この法則は単純接触効果とも呼ばれ、心理学の世界ではとても有名な法則です。

1968年。『単純な接触についての態度の効果』というタイトルの論文の発表者「ロバート・ザイアンス」が由来です。

ザイアンスの法則はビジネスでも恋愛でも非常に使いやすい心理テクニックです。

あなたが人生を豊かにするために、是非、この法則について詳しくなり、実際に使ってみてください。

ということで、このページではザイアンスの法則について詳しく解説して行きます。

ザイアンスの法則とは?

ザイアンスの法則とは、反復されることでその対象に好意を抱くという心理効果のことです。

例えば、こんな経験はありませんか?

  • 最初は別に好きじゃなかったのに、テレビで良く見かける内に段々と好きになって来た
  • CMやお店の有線放送で良くかかっている曲をいつの間にか好きになっていた
  • 見慣れた景色や馴染みのある顔を見るとホッとする

まさにそれがザイアンス効果です。

ザイアンスの法則はなぜ起きるのか~単純接触効果のメカニズム~

ザイアンス効果ってなぜ起きるのでしょうか。

接触する頻度が高いだけで好意を抱くようになるって何か不思議だと思いませんか?

実は脳の仕組みと深い関係があります。

 

人間の脳は、基本的にナマケモノです。

ですから、脳内で処理がしやすければしやすいほどその対象を「好き」になります。

 

例えば、CMで良く流れている曲を何度も聴く内にその曲を覚えますよね。

すると、次にその曲が流れて来たとき、あなたの脳は「あ、このパターン(曲)ね。はいはい。」という感じで非常に簡単に処理することができるのです。

 

繰り返しになりますが、人間の脳はナマケモノで処理がしやすければしやすいほど「好き」になります。

つまり、何度もその曲を聴くことによって、その曲は脳内処理がしやすくなる。

だから、その曲を好きになるということですね。

これがザイアンスの法則(単純接触効果)のメカニズムです。

 

ザイアンスの法則のメリットとデメリット

ザイアンスの法則のメリットとデメリットをお伝えします。

まずはメリットから。

 

ザイアンス効果のメリット

ザイアンス効果のメリットは、下記の2つです。

  1. シンプルな法則のためマーケティングや営業を始めたばかりの人でも取り入れやすい
  2. 比較的早く成果が出る

 

シンプルな法則のためマーケティングや営業を始めたばかりの人でも取り入れやすい

ザイアンスの法則は、単純接触回数を増やすと効果を発揮するため、非常に簡単に取り入れることができます。

比較的早く成果が出る

ザイアンスの法則は短期間に集中的に使った方が効果が出やすいと言われています。

これはつまり、成果が出るのが早いということでもあります。

 

ザイアンスの法則のデメリット

ザイアンスの法則のデメリットは第一印象で強い嫌悪感を抱かれてしまうと、その後は接触する度に悪い印象が強くなってしまうということです。

つまり、ザイアンスの法則とは第一印象が増幅される効果だということです。

 

ザイアンスの法則をマーケティングで活かすには?メールマガジンやSNSを使うのが吉!

ザイアンス効果をマーケティングで活かす方法は非常に単純ですね。

  • 営業マンであれば、沢山顔を出す
  • メルマガを頻繁に送る
  • Twitterをフォローしてもらい接触回数を増やす

など、とにかくお客さんと接触する機会を増やすということです。

とはいえ、毎日メルマガを3通も送り続けたらさすがにウザいと思われるので、1日1通、多くても2通くらいにするといいでしょう。

 

ザイアンスの法則(単純接触効果)まとめ

このページではザイアンスの法則ついて詳しくお伝えして来ました。

ザイアンスの法則とは反復されることでその対象に好意を抱くという心理効果のことでしたね。

  • お店や街中、テレビなどでよく聞く曲をいつの間にか好きになっている
  • 特にタイプでもないけどテレビでよく見かける内にファンになっている

という効果のことです。

とにかく接触回数を増やすことで好意を持ってもらう方法ですが、あまりにも不自然に増やし過ぎれば逆に嫌われる可能性もあるので、その辺はほどほどに笑