楽器(ベース)

ギターとベースの違いって何?現役ベース講師が徹底解説します!

ギターとベースって何か違うの?どんな違いがあるの?

なんて思っていませんか?

そこで、この記事ではギターとベースの違いについて解説して行きます。

 




ギターとベースの違い

ギターとベースの違いは主に下記の通りです。

  • 大きさ
  • 弦の本数
  • 弦の種類
  • 出せる音の範囲(音域)
  • バンド内での役割

詳しくお伝えして行きます。

大きさ

パッと見で分かるのは大きさですね。

一般的にギターの方が小さく、ベースの方が大きいです。

  • ギター=24.75~25.5インチ
  • ベース=32~35インチ

 

弦の本数

ギターの弦は6本。

ベースの弦は4本です。

ギターは6本弦、ベースは4本弦が基本ではありますが、7弦、8弦のギターもあります。

また、5弦、6弦が張ってあるベースもあります。

これらはそれぞれ、

  • 多弦ギター
  • 多弦ベース

と呼ばれています。




弦の種類

ギターとベースでは、大きさも弦の本数も違うので、張る弦も当然変わって来ます。

ギターの最も細い1弦は直径約0.2mm(=0.008インチ)。

1~3弦までは芯が裸の状態のプレーン弦で、4弦以降は芯に線を巻いた「ワウンド(巻き)弦」です。

一方、ベースの場合、1~4弦全てがワウンド弦です。

created by Rinker
D'Addario(ダダリオ)
¥2,364
(2020/06/06 20:35:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

出せる音の範囲(音域)

最も低い音から最も高い音までの範囲のことを音域と言います。

ギターとベースでは、その音域が違います。

もちろん、一部重なる部分はありますが、ギターはより高音を出せますし、ベースはより低音を出せます。

 

バンド内での役割

ギターとベースでは出せる音域が違うというお話をしました。

音域が違うので、役割も変わって来ます。

ギターの場合、主に「響き(ハーモニー)」を担当しています。

  • コードストローク(コードをおさえてジャカジャカ鳴らす演奏方法)
  • カッティング(軽快にリズムを刻む演奏方法)
  • アルペジオ(コードをおさえた状態で1本1本の弦を時差で鳴らす)

などが主な演奏方法ですね。

 

一方でベースは主に「曲の基盤(ボトム)」を担当しています。

バンドサウンドの最も低い音を出している事が多く、主に単音を鳴らす事が多いです。

例えば、ギターがCメジャーというコードを♪ジャーン♪と鳴らしている時、ベースは「ド(C)」の音を♪ドゥーン♪と鳴らしています。

イマイチ伝わらないかも知れませんがw

基本的にはギターが出しているコード音の一番低い音を短音で出しているという事です。




ベースも実はギターの一種

ここまで、ギターとベースの違いについてお伝えして来ましたが、実はベースって、ギターの一種なんです。

 

ギターって色々な種類があります。

例えば、下記のような種類です。

  • エレキギター
  • アコースティックギター(アコギ)

で、この中の一種として「ベースギター」があって、このベースギターがいわゆる「ベース」と呼ばれているという感じ。

図に表すとこんな感じ。

(図解が下手くそなどのクレームは受付けませんw)

ギターという大きな括りの中にエレキギターやアコースティックギターがあり、ベースギター(ベース)もその中の一つということですね。

 

ギターとベースの違いまとめ

さて、この記事では、ギターとベースの違いをお伝えして来ました。

簡単にまとめるとこんな感じです。

大きさ 弦の本数 音域 弦の種類 バンド内での役割
ギター 小さい 基本6本 高め 細い(1~3弦はプレーン弦、4弦以降はワウンド弦) 主にハーモニーを担当
ベース 大きい 基本4本 低め 太い(1~4弦まで全てがワウンド弦) 主にボトムとリズムを担当

 

参考になれば幸いです。