未分類

がんばれ讃岐うどん・・・お前がナンバー1だ!!

2017年12月。

ついったぁらんどにて「うどん交換会」が行われました。

 

 

 

うどん交換会とは?

 

うどん交換会とは、

 

三大うどんの一つ「讃岐うどん」の本場、香川県に住む「さぬきさん(@sanukinopippi)」と、
同じく、三大うどんの一つ「水沢うどん」の本場群馬県に住むともぞう(@tomozou1804)
それぞれのうどんを交換して食べてみようぜ!っていう会の事です。

 

っていうか、最初は僕が一方的に

「水沢うどんも旨いやで?」
「是非、水沢うどんも食べて欲しいやで?」

と言って、さぬきさんに水沢うどんを送り付けたのですが、
その後、今度はさぬきさんの方から僕に讃岐うどんを送ってくれた

というのが本当の所です。

 

讃岐うどんが送られて来た時の模様は

ついったぁらんどのまっくぶっくおじさんから最新のMacbookAirが届いた件
という記事で詳しくお伝えしていますので、興味があればぜひ!!

 

 

 

 

うどん交換会の発端は・・・

なぜ、僕が さぬきさんにうどんを送ろうと思ったのか。

その辺の話は、さぬきさんのブログの「水沢うどん事件」という記事を
読んでみて下さい。

ちなみに、さぬきさんのブログは「下ネタ」と「笑い」で溢れています(笑)

 

例えば、「Amazonの罠」という記事。

この記事、いきなり「今日、白装束を買おうと思ってAmazonで探していたんですが、、、」
から始まるんですよ。

で、「え?白装束を?え?何で?」ってなるじゃないですか?
結論から言うと、「何で白装束を買おうと思ったのか」は結局わからないんです(笑)

 

っていうか、その事に一切触れないんですよw

 

でも、最終的に超絶くださらないオチ(褒めてます)が待ち受けているんです。

どんなオチかは是非「Amazonの罠を読んでみて下さい。

30秒足らずで読める記事なのでw

 

で、こういうのが好きな方は是非、他の記事も読んでみて下さい。

 

 

讃岐うどんを食べてみた

 

さて、ここからこの記事の本題に入ります。
(前置きが長いw)

 

さぬきさんから送られて来た讃岐うどんを食べてみました。

 

こちらのパッケージを開けると・・・

(この齧られたリンゴマークは何や?!と思った方は是非
ついったぁらんどのまっくぶっくおじさんから最新のMacbookAirが届いた件
を読む事をおススメしますw)

 

 

 

なんと、神々しい麺!!

 

 

 

 

 

 

汁まで付いています。

 

 

 

 

例のパッケージの裏には「ぶっかけで食べるのが一番やで!」と書いてあったので
今回は、それに従う事にしました。

 

(っていうか、「ぶっかけつゆ」って書いてあるしw)

 

まずは、麺を茹でます。

 

 

グツグツグツ

 

 

 

グツグツグツ

 

 

 

グツグツグ・・・

 

 

 

そろそろ良いかな?と思って、試しに一本麺を取り食べてみます。

 

 

ズルズル!っと勢い良く麺をすすります。

 

 

その時です。。。

 

 

え?!ちょっと待って、麺だけで食べてもメッチャおいしいやんけっ!(゚д゚)!

 

そう。麺の固さを確かめるために、試しに食べた1本で既にメチャクチャおいしいのです。

 

なんなら、もう、汁とかなくてもこのまま麺だけ啜っても全然イケるわぁ~

 

そう思いました。

 

しかし、それと同時に「これ、つゆをかけて食べたらもっとおいしいって事だよな?」
というワクワクが押し寄せて来ました。

 

試しに食べた1本の麺で完全に讃岐うどんファンになった僕は
期待しながら、茹でた麺たちをザルに開け、一気に水で締めます。

 

 

おぉぉぉぉ!!心なしか、麺が輝いて見えます。

 

良く水を切ったら、麺を丼ぶりに移し

 

 

付属のつゆをぶっかけ、ネギを乗せます。

 

 

この後、「どうする?卵の黄身とか乗せちゃう?」とか思ったのですが、
ここは余計なものは一切入れず、讃岐うどん本来のおいしさを楽しむ事にしました。

 

良くかき混ぜ、、、

 

ズルズルっと一気に食べると・・・

 

 

んまぁーーーーーーーーーーーーーいッ!!

 

あのね、「うどんってこんなにおいしいんだ」って始めて思いました。

 

 

 

その時です。僕の心の中の水沢うどんの声が聞こえてきました。

その声は確かにこう言っていました。

「がんばれ讃岐うどん・・・お前がナンバー1だっ!」

 

 

おしまい。